【実話】奇跡の生還!9.11米国同時多発テロから生き延びた男【漫画】

今日のテーマは、『9.11米国同時多発テロから生き延びた男』

2001年9月11日午前9時3分、ユナイテッド航空175便ボーイング767型機が、乗客56名・操縦士2名・客室乗務員7名、ジェット燃料9万リットルを抱えたまま、時速950kmで貿易センタービル南棟に突っ込んだ。

ビルにいた証券マンのロンは、他の避難者と共に階段を下りて避難しようとした。

しかし下の階は炎と煙で一杯で、ロンや多くの避難者は屋上でヘリの救助を待とうと階段を駆け上がった。

その間も、煙はどんどん増えていき、息をするのも苦しい状況となった。

90階あたりまで上った時、ロンは何故か階段を降りるべきだと直感的に感じ、多くの避難者とは逆に階段を駆け下りだした。

途中なんども咳き込んで倒れそうになるロンだったが、どこから頭の中から「進むんだ」という男の声が聞こえたそうだ。

そしてロンはなんとか1階出口に到着、出口から脱出した直後に気を失った。

世界貿易センタービル南棟は、航空機衝突から約1時間で完全に崩れ落ちた。

航空機衝突の中心部である81階より上階に居て助かったのは、ロンを含めてわずかに4人。
そしてロンは、ビル崩壊前に脱出できた最後の1人だった。

人間が極限状態に追い込まれた時、守護神のような存在『サードマン』が現れ導くという現象は他にもいくつか話はあるが、未だに真相は謎のままだ。

☆★閲覧頂きありがとうございます★☆
☆★少しでも楽しんで頂けたら、是非チャンネル登録・高評価・コメントお願いします★☆
【チャンネル登録】https://bit.ly/2K6EibC​​​​
【Twitter】https://twitter.com/zatugaku_oji​​​​
【TikTok】zatugaku_oji
【Instagram】https://www.instagram.com/zatsugakuoj…​

#マンガ動画​​​​ #雑学​​​​ #トリビア​​​​ #漫画​

最新情報をチェックしよう!